瀧澤

4.00(1) reviews

Introduction

60歳でメキシコ進出する日本企業を対象にした(株)メヒココンサルティングを設立、現在では個人事業のメヒココンサルとして事業を引き継ぎ、事業の多角化の一環として、オンラインによるスペイン語教育事業に参入。

大学ではスペイン語とラテンアメリカ地域研究を専攻し、在学中に外務省の日墨交流計画の国費留学生として1975年6月から10ヵ月間メキシコ州立自治大学に留学した。帰国後、日本スペイン協会主催のスピーチコンテストで準優勝、四年生時(1977年11月)に総理府主催の東南アジア青年の船の参加青年としてASEAN諸国を訪問。

職歴としては、25歳で経営革新団体の日本能率協会に就職し社会人となる。メキシコ留学を含めた私の5年間の大学生時代は、花を咲かせた黄金期で、英語とスペイン語の習得にほとんどの時間を当てた。

職歴:

社団法人日本能率協会にて、国際企画部マネジャーとしてFOODEXなど担当(1979~1988)

在日スペイン大使館商務部で消費財の対日輸出促進担当(1988~1993)

メッセフランクフルト株式会社でマーケティング担当(1994~1997)

在日カリフォルニア州貿易投資事務所 副代表(1997~1998)

オーストラリアの在日ニューサウスウェールズ州政府代表代理(1999~2004)

メキシコ経済省駐日代表部貿易・投資アドバイザー(2006~2013)

東京都の中小外資系企業の対日進出ビジネス相談窓口「東京ビジネスエントリーポイント」の相談員(2009~2013)

ジェトロ「中堅・中小・小規模事業者新興国進出支援専門家」(メキシコ担当)(2014)

中小機構の国際化支援アドバイザー・海外販路開拓支援アドバイザー(2013~2015)

ジェトロ「海外展開のための専門家活用助成事業」(メキシコ担当)(2015)

メキシコハリスコ州貿易投資日本事務所の所長、日系企業の投資誘致とハリスコ製品の対日輸出促進活動に従事(2015~2016)

Certifications

スペイン語全国通訳案内士(1991/03)

DELE中級(現在のB2に相当)(1998/07)

英検準1級(1974/03)

TOEIC910点(2000/06)

Career

・社団法人日本能率協会にて、国際企画部マネジャーとしてFOODEXなど担当(1979~1988)

・在日スペイン大使館商務部で消費財の対日輸出促進担当(1988~1993)

・メッセフランクフルト株式会社でマーケティング担当(1994~1997)

・在日カリフォルニア州貿易投資事務所 副代表(1997~1998)

・オーストラリアの在日ニューサウスウェールズ州政府代表代理(1999~2004)

・メキシコ経済省駐日代表部貿易・投資アドバイザー(2006~2013)

・東京都の中小外資系企業の対日進出ビジネス相談窓口「東京ビジネスエントリーポイント」の相談員(2009~2013)

・ジェトロ「中堅・中小・小規模事業者新興国進出支援専門家」(メキシコ担当)(2014)

・中小機構の国際化支援アドバイザー・海外販路開拓支援アドバイザー(2013~2015)

・ジェトロ「海外展開のための専門家活用助成事業」(メキシコ担当)(2015)

・日本企業の

日本企業のメキシコ進出を支援する(株)メヒココンサルティング設立し、代表取締役となる。(2015年~現在はメヒココンサルの代表)

・メキシコハリスコ州貿易投資日本事務所の所長、日系企業の投資誘致とハリスコ製品の対日輸出促進活動に従事(2015~2016)

Awards

日本スペイン協会主催第12回スペイン語スピーチコンテストで準優勝(15名中の2位)演題は、日墨の歴史的友好関係をテーマにした「日本とメキシコは友達なんだ」(1977/7)

NHKカルチャーオンライン講師

「スペイン語の逆襲~日本人委最も向いている外国語の学び方」(2019年1月 メヒココンサルティング)定価1000円 残り僅か)

メキシコをテーマにした下記のセミナーに政治、経済、投資、貿易、観光の観点から講演

開催年月   主催者     開催場所   対象

2020年1月   テイエステック  都内ホテル        メキシコ駐在員向け研修

2019年2月  キャプラン   カルソニックカンセイ本社 メキシコ駐在員向け研修

2018年7月   埼玉りそな銀   さいたま新都心      取引先

2017年10月  りそな銀行    大阪、名古屋、東京    法人営業の行員

2017年7月  名古屋銀行    名古屋          取引先

2017年7月  アエロメヒコ   東京、名古屋       旅行代理店

2015年10月  りそな総研    東京           取引先 

2015年3月  水際会(朝日新聞)東京           会員

Courses on Sale

Japanese

スペイン語の逆襲~日本人に最も向いている外国語の学び方 ~広域性と拡散力に注目

※本講座は2021年04月27日火曜日に開催したオンラインセミナーを録画編集したものになります。 英語ができる人がスペイン語を学ぶとすぐ上達するのはなぜ? 英語通訳案内士はスペイン語でも同じ資格の取得を目指そう! オンライン・プレゼンセミナーのご案内 日時:4月27日(火)13:00~14:30 会費:1,980円(資料代含む) 講演:「スペイン語の逆襲~日本人に最も向いている外国語の学び方 ~広域性と拡散力に注目」      講演後に、ネイティブによる実践会話練習と質疑応答 講師:メヒココンサル 代表 瀧澤寿美雄 アシスタント:リシー ウリエル 英語通訳案内士の方に、なぜスペイン語のガイド資格取得も勧めるのはなぜか? 中国語に次いで話者人口が多いのはスペイン語である。英語通訳案内士にとってスペイン語のガイド資格の取得も視野に入れるべき時代がやってきた。英語のできる人はスペイン語の上達が早いので、仏語や独語よりずっと学びやすいことに気づく必要がある。 今やアメリカの第二言語といえるスペイン語。スペイン、中南米やアフリカに至るまで全世界で23ヶ国・地域で多くの国の公用語あるいは日常語として広く話されている。この「広域性」は注目してよい。一方、話者人口は5憶人。特に、米国でスペイン語を日常語として用いる人口は5,400万人。プロ野球メジャーリーグには、Spanishが第一言語であるチームがあり、今やアメリカの第二言語といえるスペイン語。米国の大統領候補でさえもヒスパニック系の票が欲しければ、スペイン語のスピーチは欠かせない。米国でスペイン語を話す人口は急速に増えている。この「拡散力」はすごい。すでに「スペイン語の逆襲」が始まっているのだ。 日常会話で使われる簡単な西語が分かれば、英語の小難しい単語も難なく、興味深く覚えられる。その結果、英語の語彙力が飛躍的に伸びる。両言語の共通点と相違点を意識しながら、スペイン語を英語の知識を活用して学ぶと大きなメリットが得られる。英語とスペイン語が混じった米国の新しい言語Spanglishの動向にも目が離せない。 ■ 講師紹介: 瀧澤寿美雄(たきざわすみお) 1975年神奈川大学スペイン語科在学3年時に、外務省「日墨交流計画」の奨学生として、メキシコ州立自治大学に国費留学。帰国後、立教大学ラテンアメリカ研究所で卒業単位取得、日本スペイン協会のスペイン語スピーチコンテストで準優勝(15名参加者で二位)。1977年に総理府主催の「第5回東南アジア青年の船」の参加青年としてASEAN諸国を訪問。 大学卒業後、日本能率協会の国際企画部門を経て、在日スペイン大使館商務部、在日米国カリフォルニア州政府事務所、在日豪州ニューサウスウェールズ州政府、ジェトロ専門家、メキシコ経済省駐日代表部などで日本企業の海外投資誘致、外国製品の対日輸出促進事業などに従事、その後、㈱メヒココンサルティングを2016年に立ち上げ、ハリスコ州貿易投資日本事務所所長を2年間兼務し、現在に至る。メヒココンサル代表、Spanglish Club 主宰者。 スペイン語の全国通訳案内士取得、DELE中上級(B2)取得、英検準1級取得、TOEIC 910点取得。ECCにて英会話とスペイン語会話の非常勤講師の経験を有する。 ◆アシスタント リシーウリエル Lirzy Uriel ベネズエラ生まれでスペイン育ちの女性で、スペイン語を外国語として教える資格取得の過程をスペインで終了したのち2019年に来日。異文化コミュニケーションの研究家、デザイナー、クリエイター、でもある新進気鋭の若手フリーランス。著作として、自ら独自の指導メソッドを説明した Aprendiendo o jugandoがあり、amazonで購入できます。Spanglish Club のスペイン語教育担当ディレクター。
1 Lesson
1h 12m
¥1,980

Reviews (1)

日本人とネイティブのペア講師陣という贅沢な講座です。内容は文法が中心です。基礎的なことを15回で勉強するので毎回の予習復習が大変でしたが、何とか欠席することなく修了できました。アメリカのテキストでアプリを通じてクイズ形式の自習も新しい学習形式でした。

瀧澤

★4つの評価ありがとうございます。 二人の女性受講者でしたが、皆勤賞の上、熱心な方で飲み込みも早かったと思います。 ベテランの日本人男性講師が主にスペイン語の仕組みや文法の説明を行いました。若いスペイン人女性アシスタントが、英語で問題のエクササイズを解説しながら解いていきました。 テキストは分厚い「Easy Spanish という米国で出版されているロングセラーの練習問題が多数あるものを使いました。スペイン語で難しいとされる、英語とは違う表現方法(再帰動詞、接続法、線過去など)に時間をかけて説明したかったです。Spanglish Club 瀧澤/Uriel

Support
Social Networks
Sell training courses as a teacher
Become a Teacher

LearnWithCoach©︎ 2021 LearnWithCoach. All rights reserved